三重県内で生産され全国に通じる高い商品力もった消費財を認定する三重独自のブランド。伊勢海老・鮑・的矢かき・あのりふぐ・松阪牛などが認定されております。当館では、地産の 本物 をお召し上がりいただこうと『ブランド食材を食べる宿』をコンセプトに、厳選した食材のご提供に努めております。
三重県の志摩半島で10月1日から解禁される伊勢海老漁。三重県の漁獲量は日本一で、志摩半島の浜値が全国の相場を決めるともいわれています。なかでも、和具漁港の水揚げは全国トップクラスを誇り、和具沖で獲れた伊勢海老は、味・姿・色合いとも極上とされています。
東の空が明るくなる頃、和具漁港は水揚げの準備で活気づき始めます。和具の伊勢海老漁は“刺し網”漁法。夕方に“刺し網” を仕掛け、翌日の早朝に引き上げる。夜行性の伊勢海老の特製を活かした漁法です。港では女性陣達が “刺し網”から一匹ずつ丁寧に足やヒゲを折らないように取り外していきます。
伊勢志摩を代表する伊勢海老は、
古来から伊勢神宮に奉納される希少な高級食材。
腰が曲がりヒゲの長い姿が不老長寿を表すといわれ、
「長寿のシンボル」として祝儀の席には欠かせないものとされていました。
当館では、10月から3月の伊勢海老漁解禁時期にあわせ、
地産の伊勢海老を地産ならではの調理方法でお召し上がりいただきます。
伊勢志摩国立公園の一角に位置する的矢湾は、日本でも有数のリアス式海岸として有名。湾口は狭く湾内は広いため、干満の差が大きく潮流も速く、さらに志摩半島の山を水源とする3本の川が流れ込もことで豊富なプランクトンが発生し、牡蠣養殖に最適な肥沃な海となります。
こうして生まれた肥沃な海の環境が、通常2~3年養殖する牡蠣を一年で出荷することができ、渋みが少なく甘味の強い牡蠣ができるのです。さらに的矢かきは、一度海から引き上げた牡蠣を一個一個きれいにしたあとでもう一度一ヶ月間カゴに入れて海に戻すことで、身が柔らかくふっくら艶のある甘味の強い牡蠣に仕上がります。そして、浄化場で二十時間紫外線で殺菌した海水ににつけることで、生で食べられる無菌牡蠣として出荷されます。
「海のミルク」と言われる牡蠣は、栄養価の高いことで知られており、
良質なタンパク質とグリコーゲン、ビタミン、鉄分、亜鉛が豊富で必須アミノ酸を含んでいます。
さらには脂肪分はほとんどなく、鉄分、銅分の両方を含有していますので、
女性にとっては美肌効果や貧血・冷え性・肌荒れを助ける健康食品としても最適です。
当館では、シェル・焼き・蒸す・鍋など、様々な調理方法でお召し上がりいただきます。